カテゴリ:MOTEOアイテム

【全肌タイプの方必見!】春に起こるメンズの大人ニキビを予防する洗顔法

春に気をつけたいメンズの肌トラブルは“大人ニキビ”です。

春になると気候が暖かくなって、冬の間寒さで押さえられていた皮脂が開放され、小鼻やおでこがべたつくようになってきます。
そのべたつきが続くと、老廃物となって毛穴につまり、炎症を起こすとニキビになります。そして徐々に目立つ大きさに成長していってしまいます。

ニキビは20代まで…と安心はできません。
どの年齢でも、春先は急な気候の変化にお肌が対応できず、皮脂の分泌量が増えたり炎症を起こしたりとお肌トラブルに見舞われやすくなります。

職場で“○○さん、ニキビできちゃったんですね・・・”なんて言われたら、せっかくの春の華やぎも台無しですよね。。。

春の大人ニキビを予防するために、一番効果的なスキンケアは“洗顔”です!
そこで今回は、この洗顔について正しい方法をご紹介したいと思います。

春のメンズニキビは洗顔で予防できる!ポイントは“洗浄”と“保湿”

男性のお肌は、女性のお肌と比較しても皮脂の分泌量が多いです。
この皮脂がニキビの元となるので、まずは日々分泌される皮脂を丁寧に取り除くことが大切なのです。
過剰皮脂の分泌を取り除くには、お湯で洗うだけでは不十分、しっかり洗顔料で洗うことが必要です。

また、最近の洗顔フォームには保湿効果のあるものも多いのですが、この保湿成分が過剰な皮脂分泌を押さえるためには必要なのです。
“保湿してお肌が潤っちゃったら、またそれが毛穴が詰まってニキビになるんじゃないのかな?”と思う方もいるかもしれません。でもそれは違うんです。皮脂というのはお肌が乾燥するとそれを自ら補おうとして過剰に分泌しようとする習性もあるんです。
ですので、この過剰分泌というのを避けるためにも、お肌は常に水分・油分のバランスを保つ必要があります。
老廃物の洗浄と保湿、この2つを兼ね備えた洗顔が、大人ニキビの予防の重要なポイントです。

また、中にはニキビが実際に出来てしまったらそれを刺激しないように洗顔を止めるという方がいますが、それは正しくありません。
ニキビができた後でも、洗顔は続けてお肌を清潔に保つことが大事です。
ただし、ニキビで起こっている炎症を悪化させないように、力を入れず優しく洗うようにしてくださいね。

メンズニキビを予防するための正しい洗顔ステップをご紹介!

洗顔の効果を最大限に発揮させるためには、その使い方もとても重要になってきます。
使い方を間違えると皮脂を取り除き過ぎて乾燥を引き起こしたり、汚れが毛穴に詰まって余計にニキビを増やしたりしてしまいます。

下記の洗顔のステップをまとめましたので、ぜひ一度チェックしてみてください。

※下記は泡洗顔を行う場合のステップです。
1)ぬるま湯で顔を洗い、表面のホコリや汚れを取り除きます。
<ポイント>
男性の中には、乾いたお肌に直接洗顔料を乗せる方もいらっしゃいますが、これはお肌に刺激を与えるので止めた方が良いです。

2)洗顔フォームを商品の使い方に書いている規定量手のひらに出します。
3)泡系の場合は洗顔料と同量のお水を加えよく泡立てます。
4)まずは皮脂分泌量の多い額、小鼻、顎にのせます。残りを頬や口元にのせます。目の周りは皮膚が薄く皮脂の分泌量も少ないので、洗顔フォームはのせず、お湯で軽く洗うだけでOKです。
5)のせた洗顔フォームを伸ばしながら、額→小鼻→顎を指先で優しく円を描くように洗っていきます。

<ポイント>
こめかみ、鼻、小鼻のくぼみ部分は、特に皮脂が溜まりやすいので念入りにマッサージします。

6)次に頬を同じように洗います。
<ポイント>
毛穴の汚れをしっかり取ろうと、ゴシゴシ洗う男性が多いですが、これもお肌に刺激を与えるので止めた方が良いです。

7)お湯で洗い流します。洗顔フォームが全部流れたかな?と思う+10回ぐらいしっかり洗い流します。お湯の温度は32度前後がベストです。40度以上は乾燥するので避けた方がよいです。
<ポイント>
洗い流しが甘いと、お肌に残った洗顔フォームが毛穴につまりお肌トラブルを引き起こすので注意してください。

8)タオルで軽くポンポンと叩くように水を拭き取ります。
<ポイント>
ここでも、タオルでごしごし顔を拭いてしまう人がいますが、これもお肌に刺激を与える元になるので、止めた方がよいです。少々潤いが残っている程度の拭き取りでOKです。

9)洗顔後は、化粧水やオールインワンなどで保湿します。

泡立てないタイプのジェル洗顔やミルク洗顔の場合は、④からのステップです。
洗顔フォームを手に取る前に、石鹸手を洗い清潔な手で洗顔するようにしてくださいね。

【お肌タイプ別にご紹介】大人のメンズ肌にぴったりの洗顔料の選び方

最後は、洗顔料の選び方をご紹介します。今、本当にたくさんの洗顔料が販売されているので、その種類が良いのか迷ってしまいますよね。ブランドや含まれている成分、美容効果も様々なタイプのものがあります。
その中でも、一番失敗しづらいのは、フォームタイプから選ぶことだと思います。これはお肌タイプによって最適なフォームタイプというのは変わります。
※自分のお肌タイプを知らないという方はこちらをご確認ください。

・ミルク洗顔→超乾燥肌の方向けです。
・泡洗顔と泡立てて使うジェル洗顔→すべてのお肌タイプ向けです。
・泡立たないジェル洗顔→オイリー肌、混合肌向けです。
・オイル洗顔→超オイリー肌向けです。


また、保湿成分が入っているかどうかもチェックポイントです。
特に、オイリー肌以外の肌タイプは、洗浄力と保湿力の両方を兼ね備えているかどうかを確認して選ぶのが良いと思います。

それでも迷ったら…オススメはメンズエステサロンが作っている洗顔フォーム

“やっぱりどの洗顔フォームを使えばよいのか分からない!”という方にオススメなのは、メンズのエステサロンが製造・販売している洗顔フォームです。

エステサロンは、長年様々なお肌の方に接し美容について研究しつくしてきているので、やっぱりイイモノが多いんです。効果が出るように作られていると思います。

メンズエステの「ダンディーハウス」も“Oh Dandy”という洗顔フォームを出しています。こちらの洗顔フォームは、男性のお肌に合わせて、アプリコット核で作られたスクラブで皮脂汚れなどはしっかり取り除きながらも、ホホバ油でしっかり保湿もしてくれるという、どのお肌タイプの方でも使える洗顔フォームだと思います。

もし、どの洗顔フォーム選びに迷っているようでしたら、試してみてはいかがでしょうか?

こちらの“Oh Dandy”を使う場合も、上記でご紹介した通り、まずはお湯でお顔の表面の汚れを落とした後、洗顔フォームをしっかり泡立てて、泡で洗うイメージで使ってみてくださいね!