カテゴリ:ファッションMOTEOアイテム

【30代向け】定番ジャケットを今年っぽく着るメンズファッションコーデ術

半袖では寒くてコートでは暑い…そんな今の季節に大活躍するのがジャケットです。
ジャケットは着たり脱いだりと温度調節できる上、インナーを工夫すれば、ビジネスカジュアルでも、休日ファションでも使えるので本当に便利なアイテム!
ただ、そのインナーに何を合わせるかが難しく、ついつい定番のTシャツやカットソーを合わせてしまっている方、多いのではないでしょうか?

でも、もしそこにほんの少し今年の流行エッセンスを取り入れていたら、一気におしゃれなメンズファッションに変わりますし、街でも目を引く存在になります。

そこで今回は、5種類のテーラードジャケットを今年っぽく着こなす為のコーディネート術をご紹介します。これからの季節に出番の多いジャケットコーデ、“下に何着よう…”と迷ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メンズの春ファッションに欠かせない!“グレージャケット”に合うコーデとは?





グレーの中でも上記の写真のような薄く明るいグレーは、春夏にぴったりの涼しげな色合いでとても爽やかな印象になります。明るく、元気な印象のスタイルですね。

合わせるインナーは、写真のようなボーダーTシャツも間違いないですが、今年の流行を取り入れるなら、シアーカラーのシャツやカットソーにするのもオススメです。
シアーカラーとは、透明感のある透き通るような色味のこと、特にグリーンのシアーカラーは合わせやすく、季節感のあるおしゃれなコーディネートになりますよ。

さらに、上記の写真のような薄い素材や細身のジャケットの場合、ボトム太めのボトムを合わせるとさらに今年風になります。

ただ、このような細身ジャケットをコーディネートする際には、ジャケットより短いインナーを選ぶこと、ジャケットの下から飛び出さない丈感のものを選ぶのがオススメです。レイヤードコーデになると、カジュアルになり過ぎたり、だらしない印象になってしまう可能性があります。

メンズファッションのド定番!“ネイビージャケット”をおしゃれに着こなす方法





ネイビーのジャケットは、カジュアルな素材でもきちんと感がでるのでビジネスにもオススメです。また、インナーを変えるだけで全体の印象が変わるので、1着持っていると、色んなコーディネートを楽しめます。

中に合わせるのは、写真のようなグレーTシャツはもちろん、プライベートで着る際には今年の流行アイテムである、中央に大きなロゴや絵・写真の入った白Tシャツやビッグサイズのオープンカラーシャツを取り入れるとおしゃれさんなイメージに早変わりします。

ネイビージャケットのコーデで気をつけるべきポイントは、定番になりすぎないこと。思い切って個性のあるインナーを合わせて、遊び心のあるファッションを完成させたいですね。

個性光るファッションが好きなメンズにオススメ!“柄ものジャケット”コーデ





遊び心のあるコーデがお好きな方に人気なのが、チェックやストライプなど柄の入ったジャケットですね。

柄ありジャケットの場合、ビジネス使用では、カジュアルになり過ぎないよう、写真のようなシンプルな無地のインナーに足元はドレッシーな革靴やローファーで整えたいところ、ただ、できればどこかに、オフ白・薄紫・薄ピンク・黄色などの春カラーを入れて、重くなりすぎないコーデにしたいです。

休日コーデでは、今年のトレンドキーワードの一つである、開襟のオープンカラーシャツを思い切って合わせてみてはいかがでしょうか?サテン素材の柄物シャツなどで組み合わせた柄×柄はおしゃれ上級者のワザ、センスの良い組み合わせを楽しんでください!

外さない“黒ジャケット”に春・夏の軽く・明るい季節感を取り入れる方法




最後はド定番の黒ジャケットですね。黒ジャケットは本当に便利、身長や年齢やパーソナルカラーを問わず、誰が着てもカッコよく見えるアイテムです。春夏用と秋冬用と素材違いで2つは持っておきたいですね。

インナーは何でも合いますが、春・夏はTシャツで軽さを出すのがオススメ、パーソナルカラーで選ぶのであれば、
スプリングタイプは、薄いピンクや生成りを
サマータイプは、ブルーやオフホワイトを
オータムタイプは、ベージュやブラウンを
ウィンタータイプは、白やグレー
などを取り入れた
1着を選びましょう。
その際、襟なしのシャツを取り入れると固くなりすぎず、今年っぽいスタイルになります。
また、重くなり過ぎないような麻素材などもオススメです。

ボトムや靴など、ジャケット以外のアイテムは出来る限り軽く明るいものを取り入れて、バランスを取りたいところです。